Netflixで『Sherlock』のイギリス英語を完全制覇:その8

イギリス英語, ドラマ・映画, 英語学習

yaozoです。

ベネディクト・カンバーバッチ版の『Sherlock』のシーズン1のエピソード1『ピンク色の研究』の読破企画。第7回です。そこそこ読んでいただいているようですので、まだまだがんばりますよ。

 

I’ve been on your website.

結局犯人であるタクシードライバーの車に乗ったシャーロック。犯人とこれまでのいきさつ、今後どうするつもりか、などについて相手での出方を探りながらも会話を始めます。

犯人が、シャーロックのウェブサイトをよく見てて、素晴らしいと思っているという感想を述べる下りがあります。

そこで

I’ve been on your website too. Brilliant stuff. Loved it.

あんたのサイトはいつも見てるよ 最高だね!気に入ってるよ

英語話者と話すときに意外時になるのが、あるウェブサイトを「見た」「よく見てる」という表現です。

ここでは、web上のsite(場所)ですから、”have been to”「訪問したことがある」という表現を使っています。

”I’be been to Tokyo two years ago.”と同じ文型です。

 

では、ある特定のサイトを見ておくように言われた人が、そのサイトを見ておきます、という会話はどのように交わされうのでしょうか。

調べて結果、いろんな局面によって異なる表現を使うようですね。

まず、「御社のウェブサイトを見て電話でしています」なら

”I’m calling you because I visited your website and I was quite impressed by your ~”みたいな感じでいいようです。

逆に、技術上の問題から、ウェブサイトが見れない、「サーバートラブルかなにかで貴社のウェブサイトにアクセスできません」という場合は

”I’m afraid there’s some technical problem and I can’t access to your website.”と日本語と同じように”access”を使います。

 

もっとプレインな言い方だと、

”I viewed the website and I found why they’re so crazy about it.”

「ウェブサイト見てみたら、なんでそんなに人気があるのかわかりました」という感じでしょうか。

 

ウェブサイト内の特定のコンテンツを見てみろ、と上司に指示されたような場合なら

 

“I read the information you’ve mentioned yesterday in the website.”

「昨日おっしゃってたコンテンツをウェブサイトで見ておきました」となります。この場合、ウェブサイトの中のどこかのページのなんらかの固有のページのコンテンツとかホワイトペーパーや統計データなんかを、指示された通り、目を通しておきました、みたいな状況の際に使います。

 

ということで、「ウェブサイトをみる」という簡単な日本語を英語にするときには、状況によってそこそこ頭を使って、ジャストな表現を探さないと、へんな英語になってしまいます。難しい。

 

Chances are it’ll be the last thing you ever know.

犯人は、シャーロックを銃で脅しつつ(そんなものなくても、好奇心でついていくでしょうが)シャーロックを、人のいない夜のカレッジに誘い出し、犯人がどうやって被害者を自殺に追い込んだか、説明し、そしてシャーロック自身にもそれをやらそうとします。

その直前のセリフがこれ。

Chances are it’ll be the last thing you ever know.

それをわかって あんたは死んでいく

これは意外と口語でよく使われるフレーズですね。

weblioで調べると

Chances are (that)…

多分[おそらく]…である[あろう].

とあります。

Collinsだと

in British English

or the chances are…

it is likely (that)…

とあります。イギリス語に特に頻用されるのでしょうか。

 

なので、この場合、”It’s likely that it’ll be the last thing you ever know.”と換言できるわけです。

いずれにせよ”Maybe”とかではなく、”Chances are”としていますが、その方が、シチュエーション(毒とビタミン剤かなにかの2択を迫られているシャーロック)にフィットしていますね。賭け事っぽい感じが出ています。

 

Get yourself together.

種明かしとしては、病気で余命いくばくもないタクシードライバーが、運試しに、4人の犠牲者に、毒のボトルと、安全なボトルを先に選ばせて、一斉にピルを口にする、というものです。

これをホームズにもやらせようというわけです。

その際に、犯人が言います。

You take your time. Get yourself together. I want your best game.

時間をかけて よく考えて いいゲームをしてくれ

 

マンガ版では「よく考えて」と翻訳されています。

Merriam-Websterでいいのが出てきました。

informal
1to begin to live in a good and sensible way to stop being confused, foolish, etc.
//Her life got much better when she stopped drinking and got herself together.
口語表現。

「混乱した、ばかげた等々の状態をやめにして、良識的に生き始める」といった意味です。

ここの例では、シャーロックが急に連れてこられて、なにやら種明かしをされて驚いているだろうが、まずはシャキッとしてくれと。

ついでに書きますと、その後に続く”I want your best game.“というのも耳慣れない表現ですよね。

「君の最善のゲームが欲しい」っていうことですけど、ここでの”game”は、「ゲームに臨んでの戦い様」のことを指しているようですね。こんな言い方すんのかと思い調べてみました。

またMerriamで見つけました。

3aa procedure or strategy for gaining an end TACTIC

「目的を達成するための手順や戦略:戦術」とあります。
なので、シャキッとした上で、実力通りのシャーロックと勝負したい、という意味の言葉なんでしょうね。
“your game”で「君の戦い」ですからね。なかなか珍しい表現です。しつこく深堀りするとこういう面白い表現が見つかりますね。

 

ではまた。

p.s.

英検1級やTOEICハイスコアに興味のある方は、私の↓のページもどうぞお読みください。できそうな気がしてくるかもしれませんよ。

 

 

↓こちらは、シーズン1~4の本編&特典映像のコンプリートセットをベイカー・ストリート221Bのフラットの玄関をイメージした特製アウターケースに収納した、マニア向けDVDセット。

価格もマニア向け価格!

 

Amazonプライム 30日間無料体験申し込みページ

海外ドラマバナー




Posted by yaozo