「ハーバリウム」って?

ガーデニング

近くの日比谷花壇をのぞいていたら、「ハーバリウム」なるものが売られていました。

なんだか、お洒落な瓶に植物やら石やらが詰められています。

なんでしょう?

 

今大流行?ハーバリウム

検索してみると、「植物標本」を指すらしいです。

一番身近なものとしては、小さいころからなじみのある「押し花」もハーバリウムの一種だとのこと。

日比谷花壇で売られていたものは、その最新版のようです。

↓のサイトでは、ユザワヤらしく、手作りの仕方について解説してあります。

ユザワヤの『今さら聞けない!』ハーバリウムの作り方

 

なるほど。日比谷花壇のものは、オリジナルで、白い小石を下層に敷き詰めていたのですね。そりゃ、おしゃれです。

 

「コルクPlants」もかわいい

ハーバリウムの横では、「コルクPlants」と称して、多肉植物をコルクに刺したものが売っていました。

マグネット付きとのことなので、冷蔵庫やスチールデスクにくっつけて下さい、ってことでしょうね。

これもかわいい。

多肉植物各種、ということです。

前の投稿にも書きましたが、私は随分前から多肉植物を買っては枯らし、ということを繰り返してきたので、さすがに買い控えましたが、こんなのがちょこっとあったら、かわいいですね。さすが、日比谷花壇。

 

ウンベラータが欲しい

こういった小物もかわいいのですが、私はやはり、ウンベラータが欲しいなぁ、と思い、日比谷花壇の前を通るたびに、↓の個体をじっくり眺めているのです。

大振りなもので、鉢底からてっぺんの葉っぱまでで150cmぐらいあります。これくらい大きいく育ったのを、いきなりベランダに置いて育てたいですね。

ウンベラータは本当にゴージャスですね。

日比谷花壇なので、値段もゴージャスでした。

鉢カバー付きで、税込18,144円です。

 

余ったテラコッタなどがあれば、↓の商品だと、同じくらいの背丈で、価格が半額以下で手に入ります。


都会の狭小集合住宅のベランダなので、今でさえ狭いのでなかなか悩ましいところです。

 

ちなみに、ウンベラータの隣には背の高いシェフレラも売っていました。
「樹形がオシャレ♡ とても丈夫です!!」とのこと。
こちらは、本当に幹も太く曲がりもあり、立派なもので、価格もかなり高かったですね。バスケットカバー付きで付加価値が載っていることもありますが、税込38,880円です。

 

 

シェフレラはあるので良いにしても、ウンベラータは本当に欲しい。

 

洗濯物を干せなくなるようでは本末転倒なので、毎年夏育てているプチトマトをやめればなんとかなりそうですが、もう少し考えてみます。

さきほど『探偵ナイトスクープ』の撮り貯めしたあったものを見ていたら、依頼者のマンションが映りましたが、40代後半ママの後ろ(室内)には、180cmはあろうかというウンベラータが置かれていました。うらやましい。

 




Amazonプライム 30日間無料体験申し込みページ

海外ドラマバナー

 

 







Posted by yaozo