ダイソンのコードレス掃除機V7スリムが故障⇒交換の巻

ガジェット

yaozoです。

 

前の投稿で書いたダイソンのコードレス掃除機「V7スリム」の話です。

 

ダイソンのヘッド部モーターが回らない!

半年前に購入して、ほぼ毎日のように快適に使っていたこの掃除機。

先日、急にヘッド部のモーターが回転しなくなりました。

特に娘の長い毛髪がブラシ部に絡みつきがちなので、ちょくちょく取るようにはしてきたのですが、そのあたりが原因の一つなのか、、、、。

ともあれ、マニュアルに書いてある通りに、ブラシ部分に絡んだゴミをきれいに取って、本体とホース部、ホース部とヘッド部をそれぞれ電流を通すためのピン周りのゴミも取ってみました。

しかしモーターは一向に回りません。

というか、カチカチに固まって、指で回転させることも不可能な状態です。

こりゃ故障だろう、ということで、早速コールセンターに連絡しました。

ダイソンの製品がすべてそうなのか知りませんが、この商品は「メーカー2年保障」なのでまだまだ全然保証期間内です。

で、コールセンターの方に型番を告げ、状況をつげて、「ヘッド部を交換してほしい」と伝えました。

少し待たされたところ「申し訳ございませんが、ただいま当商品のヘッド部の在庫がなく、次の入庫の目途も立ちませんので、よろしければ、商品丸ごと交換ということでいかがでしょうか?」との回答。

なんと商品丸ごと交換?

なるほど、1年前に発売されたばかりのこの商品、平常時なら、一番壊れやすいヘッド部の在庫は少しくらいあってもいいようなところですが、この非常時、製造も間に合わないのかもしれませんね。

で、代替え用のパーツはないが、商品そのものの在庫はあるから、丸ごと交換しましょう、ということなわけですね。

もちろん「それはそのほうが助かるので、是非そうしてください」とお願いしました。

半年とはいえ、この種のコードレス掃除機の一番のネックである、バッテリーは、半年分ちゃんと消耗しているわけでしょうから、本体も新品の方がいいに決まってます。

新品が送られてきたら、現在使用しているものを箱に入れて、そのまま運んでくれた宅配業者さんに、着払い伝票に記入して、ペタッと貼って渡すだけ、とのこと。楽だ。

 

早速、代替品到着!

幸い、外装箱はちゃんととっておいたので、そのうちパッキングしようかと、掃除機の横に箱を立てかけていました。

ところが上のやりとりの2-3日後に、早速、宅配業者さんが、新品を持ってきてくれました。

こんなに早く着荷するとは思ってもいなかったので、新品が来たのはいいのですが、「すみません、故障品と交換なんですけど、まだ掃除機を分解してパッキングしてないんですぅ」と宅配業者さんに相談したところ、「それじゃ一時間くらいしたらまたきますので、とりあえず受け取り伝票だけサインください」とのこと。

うだるような暑さの中、宅配業者さんに二度手間をとらせてしまうという失態に、大慌ての私。「それじゃ、大変申し訳ございませんが、パッキングして伝票書いて貼っておきますので、後ほどまた」と平謝り。暑い日によけいにいやな汗をかいてしまいました。

 

新品を半年ほどで再度開陳。

おお、懐かしい。

中には、↓の写真のような、ペーパー類が入っていました。

特に「お詫び文」が感動的。

特に「(ダイソンは)製品に対し厳しい目を持つ日本のお客様からのご意見に~」の下りは、確かに、ダイソン氏が日本市場進出の際に、日本のメディアに語っているのを読んだ記憶があります。

いわく「日本のカスタマーは世界一商品に対し繊細で厳格なので、日本で成功できれば、それは世界市場での成功を意味するのです。なので、日本市場の声は極めて大事にしています」といったあらましのことを語っていました。

この直訳調の文面が、より一層、ダイソン氏の気持ちをよく表しているようで、なにやら、日ごろ乱暴に扱って、壊してしまったのでは?と思っている私としては、おもはゆいやら申し訳ないやらな感じになりました。

 

パッキング完了で、無事返品

ちょうど一時間ほどしたころ、さきほどの宅配業者さんが再来されたので、着払い伝票をペタッと貼ったものをお渡ししました。

無事ミッション・コンプリートということで。

いやぁ、それにしても、かっこいいなぁ、ダイソンの掃除機。

 

 

メカニカルなデザインそのものもクールで、しかも機能的。まさに機能美といったところでしょうか。

シリーズの中でも、欧米人に比べて、平均身長が低く、筋力も劣る、日本人にあわせて作られたという、このV7スリムが、私は一番好きです。

もちろん、軽くて使いやすいところがいいのですが、その分、スリムでスタイリッシュです。

今後は、ヘッド部のモーターが壊れないように、もう少し、こまめにブラシ部のゴミを取るのと、ヘッド部をあちこちガンガンぶつけていたような気もしないでもないので、そのあたりにも配慮して大事に使おうと思いました。

 

それにしても、よかった。ビバ2年保証!


保証期間が終わって、普通に代替品を買うと、↓のようなものになるようなので、そこそこかかりますね。

家電製品を購入した際は必ず製品保証登録をして、故障の際はまずはコールセンターでどの程度保証してもらえるか、確認しないといけませんね。

このひと手間を面倒がって、ポチっと代替品を買ってしまったりするともったいないですね。

実際、コールセンターに電話をしても、大体どこのメーカーでも、そこそこ待たされるので、そういった過去のいやな経験からどうしても、電話を面倒がりがちではないでしょうか。

最近だと、どちらかといえば、公式HP上で、ライブチャットで相談を受け付けてくれるメーカーが増えてきていますね。

実際、ダイソンもライブチャット対応してくれており、今回私は、電話で相談して問題解決した後、製品登録の購買日を一年間違って書いてあることが判明し、翌日ライブチャットで変更してもらいました。特にエビデンスを遅れとかなんとか面倒なことは一切言われませんでしたので、驚きました。

いやなこともいっぱいありますが、便利なことが増えていることも事実ですね。今回の件で実感しました。


 

ちなみに、こないだYouTubeの広告で目にした、ダイソンのライト。
機能のすごさに驚きました。
欲しい。しかし、7万円はどう考えても、うちは買えません。残念。


Posted by yaozo