腕時計とともに、ウェアラブルデバイスつけたい人。fitbit flex2が断然おすすめ!!!

ガジェット

長らく睡眠障害を抱えています。

生来の睡眠障害に加えて、10年来患っている坐骨神経痛による入眠障害も重なっております。

おしりの筋肉が痛い

坐骨神経痛の方は、臀部筋と腿裏筋が特に痛みます。

リリカという薬があるのですが、これが発売されたころ、早速半年ほど試してみましたが、傾眠傾向やふらつき、といった典型的な副作用が典型的に出てしまって、困っていたため、長らくやめていました。

ロキソニンテープを大臀筋に一枚づつ貼るだけでなんとかしのいできました。

ところが、最近タリージェという薬が発売された、ということを耳にし、3-4年振りに坐骨神経痛の飲み薬を試してみることにしました。

 

結果としては、傾眠傾向も、ふらつきも、やはり現れました。

しかし、容量の点もあり、副作用はやや軽微なように思います。

あとは、まぁ、以前リリカを使っていた時に、色々周りに心配をかけたということもあり、薬の副作用で同じように迷惑をかけないように、頑張っている、というか、慣れたというか、なんとかなっています。

睡眠導入剤としては、長らくレンドルミンを使っています。

長らく使っている、というのも問題ですが、ないとないで痛みでうまく寝付けず、寝不足のせいで会社にいる間に眠気が襲ってきますので、困ります。

 

タイムセールでリストバンド購入

そこで、睡眠管理のツールとして、昨今流行りの「スマートウォッチ」にも興味がありました。

しかし、私は機械式腕時計のコレクションをしております。

現在はかなり減らしたのですが(手元を通って行った時計の数は5百本以上はあるでしょう)それでも普段使いできるもので10本は下りません。

機械式腕時計が本当に好きなのです(クオーツ式もほとんどもってなくらいです)。

ということで考えると、機械式腕時計をしている私がスマート「ウォッチ」を着用するのは、まず論外です。

左腕(最近右上にする人が増えましたが、私が右腕にすることは死ぬまでないでしょう)に機械式腕時計をして、右腕にスマートウォッチをしている様を思い受かべると、こんな不格好で理屈に合わない画はないでしょう。どこかのサッカー選手ならいざ知らず。

 

よって私のウェアラブルデバイス選択の条件は以下の3点になります。

1.時計表示機能がないもの

2.ライフログが記録できるもの

3.スーツ姿でも違和感がないもの

 

こういうものがあればいなぁ、と思っていたことろ、やっと発見したのが

それが、fitbit flex2です。まぁ、これなら上の3条件をギリギリ満足させられるかなぁ、と考えておりました。

 

とそんな折りも折り、アマゾンのタイムセール祭りがやってきました。

以前にfitbitを随分熱心にブラウジングしていたので、スーパーセールの際に、私に表示される広告は、リターゲティングの結果。fitbitが高確率で入っていました。

リターゲティング

 

fitbitは、スマートウォッチ市場において、アップルウォッチやサムスンへの対抗するため「睡眠」に特化した差別化戦略をとっています。

最近、こんな記事(「Fitbit」はアップルウォッチと何が違うのか #東京経済オンライン)を読みました。ご参考にどうぞ。

9/11に日本で行われた新製品は発表にあわせた記者会見を取材した模様です。

 

fitbit flex2ですが、アマゾンの通常売価が10,697円のところ、アマゾンタイムセール祭りで3,217円引きになっておりましたので、こりゃ早速買いだ!となりました。

ということで、とうとう私も遅まきながら「ウェアラブルスマートデバイス」を買ったわけです。

もともと興味があった上に、こんな廉価で買えるのですから、トライアル商品としてはうってつけです。

こんな外装。

開けると、チャージャー用ケーブル(手前)と、本体(右上)とLサイズ用ベルトが入っていました。

 

外装箱にも、本体(小さなキャンディくらいのデバイス)を

1.バンドに装着して使用

2.ペンダントにして装着

3.クリップにつけて装着

といくつかの装着方法があることをうたっています。

私は睡眠記録が主目的ですから、1.のバンドにセットして装着以外選択肢がありませんが。

 

早速装着

装着してみました。まずは、利き手の逆の手に装着することを推奨されていますので、左手に。

理由は、利き手だと、歯磨きをはじめ、歩行時以外にもかなり腕を振るので、歩行距離測定が不正確になるからだとか。なるほど。

実際装着してみて、事前に想定していたよりも、睡眠時に気にならないかもと思いました。

2週間ほどつけて寝ていますが、これくらい薄くて、また凸面がないので、特に嫌な感じはありませんね。これはアタリでした。助かります。

 

次に、「会社に行く際に腕時計とのマッチングがどうか」という腕時計マニアとしては大変重要な論点が待っています。

 

まずは、半袖Tシャツ姿だったので、カジュアルな腕時計を重ねてするとどんな感じか見てみました。

腕時計がGショックでかなりカジュアルなものなので、これなら問題なさそうです。

とはいえ、こんな時計を会社に付けていきませんので、ビジネスウォッチをして、ワイシャツ(ネクタイ、ジャケット)の場合を試してみました。

これは、ちょっと不格好ですね。

せっかくの時計コレクションもこれでは泣いてしまいます。

 

スマートウェアラブルデバイスが悪いというわけではないのですが、素材のミスマッチは誰が見ても明らかです。

上の写真には写ってませんが、左手の薬指には、シルバーのウエディングリングをはめていますので、ミスマッチ度倍増です。

 

「かっこ悪うぅ」ということで、早速「利き手」である右腕に装着してみました。

 

私は、最近よくみかける、パワーストーン2-3本ジャラジャラつける趣味はありませんので、できれば右腕は開けておきたいのですが、背に腹は代えられませんし、上の写真くらいならなんとか許容範囲かなぁ、という感じです。

 

唯一の競合(になりうる)商品

ちなみに、↓の製品も、時計表示なし、ライフログがとれる、という点でfitbit flex2とほとんど変わりません。

ソニーの「リストバンド型ウェアラブル端末 Smart Band SWR10」です。

これは、fitbit flex2より優れた点が3点

1.記録できるデータが多彩

「ライフログ」とわざと言い方を変えて書いたように、fitbitよりも多くのアクティビティに対応しており、ソーシャルなどまでカバーしています。

 

2.バンドのカラバリが豊富

すごく、カジュアルルックで一生通せるような方ならこちらの方が断然楽しめると思います。

3.若干安い。

fitbit flex2が1万円台に対して、Smart Band SWR10は7,000台です。

 

ただし、困った点も2点。

1.対応端末が少なすぎて不安

Xperia以外で公式に対応を発表している端末が少ないこと。恐らく量販店などの店員に聞いても「公式に載ってないものは保証の限りではございません」と言われて終わりです。仮にうまく対応してくれなかったら、買うだけ損で、即メルカリ行きです。

2.時計のベルトサイズが広い

の幅広ベルトがそのままサージカルテープでも巻いたみたいに、手首を覆うのは、少しパブリックなTPOでは使えませんね。

私自身は、上の1は対応しているスマホなので問題ありませんが、残念ながら2の点でアウトです。この幅のものをスーツの下のワイシャツから見えるのはちょっと困ります。

fitbit flex2がギリギリセーフです。後述しますが、fitbit flex2も本音を言えば、ギリギリアウトです。

※あくまで個人の感想なので、問題ない、と感じる方はどうぞ。

 

計測結果の正確さにビックリ!!

fitbitの最廉価商材なので、まぁ正直なところ、「どれくらい不正確なのか確認しておきたい」ぐらいの気持ちで買いました。

ところが、この最廉価版の機能が予想を上回る精度でビックリしました。

私は、睡眠管理以外の機能に興味がありませんので、あくまでも睡眠管理の面においての精度だけについてしかわかっておりません。

他の機能については、正直、歩数計すら一切確認していませんので、その旨ご承知おきください。

さぁ、楽しみにして一週間使ってみた結果をご紹介しましょう。

       

8時間睡眠を理想値として設定したのですが、どの日も届いていませんね。

やはり、fitbitのVPがいうように、私も睡眠時間が足りていないようです。

ちなみに、月曜日6時間21分寝たのですが(これは私の実感と完全に合ってます)、完全に睡眠を終了する時刻の前に赤い帯があります。

これをもう少し詳しく見てみましょう。

こんな感じで各曜日を拡大表示できます。

下にスクロールすると

目覚めた回数/寝返りの回数/目覚めているか、寝返りを繰り返している状態

と3種類に睡眠時間を分けて情報提供してくれます。

スクロールアップしてグラフの画面を表示すると、縦に伸びる各シグナルバーは触れるようになっています。

赤いシグナルバーは「目覚めた状態」なのですが、私は8分間目覚めていたということをになってますが、確かにこの日は、5時前に目が覚めてしまい、トイレに行って、そして水を一杯飲んで、それから布団に戻りました。

なので、8分くらいは起きていた勘定になります。

これは次の日に確認したことなので、記憶違いではありません。念のため。

まぁ、実際のスマホにインストールしたアプリの先頭画面は、こんな感じで、「歩数」「カロリー」「アクティブな時間(スポーツなど)」を示してくれてますが、今のところあまり関心がありません。

 

今日の歩数は「2,255歩」=1.56km=1,317カロリー消費、みたいに読むと思います。

昨夜は 現在絶賛不登校中で、パパ大好きの中1の娘の話に、22:00頃から3:00近くまで付き合あいました。

あまりに遅すぎて生活リズムが崩れてしまうので強制終了。

私は レンドルミンで強制睡眠。

テッペン回ってますので、金曜日の睡眠のはずが土曜日に記録されています。

03:07~07:15の4時間3分眠ったとあります。

実際、NHKの「なつぞら」がクライマックスを迎えていることもあり、7時過ぎにはソワソワして目が覚めてしまいます。

良いことですね。下期が心配です。

早く清原伽耶ちゃんになってもらえませんかねぇ。

まぁ、それはさておき、

「なつぞら」の流れで「ワイドナショー」の撮りだめてあった回(バス旅行の日とか)を見たり、「テレビ千鳥」の録画などを見てると、もう二度寝するには遅すぎる時間になってしまうので、もうこのまま起きて土曜日を過ごすしかありません。

 

話をfitbitに戻しますと、一番右の雷マーク(アクティブな時間)、今日は「0分」。

なにもアクティブなことをやっていないとのこと。そりゃそうですね。

ぐにゃぐにゃ状態で起きて、朝ごはんを何となく食べて、まだ寝ている家族をしり目に、テレビみて、ツイートなどをして、起きてきた家族と、狭いソファに重なって横になりながらテレビ見てただけですから。

とはいえ、会社で仕事している日も、ほとんど動かないで、メールと電話で指示出し、依頼受けして、メールと電話でフォローして、たまにある、フィジカルなオールスタッフ会議なんかに出て見たり、ってくらいですからね。そんときだって、ただじしゃべってるだけで、基本たちのプレゼンなんてほとんどしませんからね。年寄りは。

とまぁ、こんな具合に、原則的には、私の睡眠時間をしっかりと記録してくれることは大変助かります。

あぁ、この日は睡眠時間が少なすぎたなぁ、仕事が遅くなったからなぁ、とか、この日は娘に絡まれながら説教やら助言もし、3時間コースだったなぁ、とかわかります。

反省・改善のファクトにはなります。

 

もっと「時間表示機能のないもの」の開発希望

2019年9/11には、新製品の発表に合わせて、日本で記者発表会を開いていたfitbitですが、どれも、「時計機能付き」のものもばかり。
アップルウォッチと同じく、デジタル時計に多用な機能が付いていて、fitbitは「健康~睡眠」に振った形で商品戦略を考えているというぐらいの違いです。
つまり、
1.アップルが好きな方はアップウォッチ
→ちなみに、私はアップルが企業/製品ともに生理的に苦手です。ヘビーユーザーの方の一部も苦手です。お怒りになる方もいるかもしれませんが、世界中アップル万歳、企業価値世界一、なんて言っているときに、違う考えを持つ人がいてもいいんじゃないですか。「ヤンキーズが嫌い」「巨人が嫌い」なんて人も沢山いますし、それほどおこられてないんじゃないでしょうか。

 

2.ハードなアスリートはガーミン
とにかく「そういうことをしたい人専用」に開発してますからすごいですよね。
気温、体温、心拍数、高度、走行距離、週次走行距離、月次走行距離(以下省略)、加速度計などなど、私なんかから見ると、「宇宙飛行士用ですか?」てなくらいに簡単します。

 

3.睡眠を中心としてウェルネスはfitbit
2019年9/11、新商品発表会で、本社VPまで来て、気合の入った記者会見を行っていましたが、どれも、アップルウォッチの創造した市場の中での戦いの感はぬぐえません。
その中で、私はユーザー様の健康を第一に考える(クールさやビューティーではなく)、という理念で戦っているという感じですかね、

 

機械式腕時計マニアは、大体年配の方が多いことと思います。
コレクション対象が高価なのですから、必然的にそうなります。
少子高齢化のモデルケースとして、進んでいる日本マーケットにおいて若者やビジネスパーソンのスマートウォッチ市場だけ戦場にしてても儲かりませんよね。
できれば、若い層から、シニアまで、せめて、デモグラ的なセグメンテーション毎のデザインのベルトを揃えて(ユニクロ式にカラバリ、デザインバリをやるだけ。デバイスは一緒)、展開すると新規市場が見えてくるような気がしますが、いかがでしょうか。
残念ながら、このブログがfitbitの開発担当役員の目に留まる確率が限りなくゼロに近い。う~む。
世界中探しても安心できるデバイスの選択肢は fitbit flex2かソニーのSmart Band SWR10の。
あとは↓のMISFITぐらいもありえますが、ベルトが、どうも時計のベルトのように見えてしまい、時計を「2つ付けている」に見える恐れがあり、手がでませんね。

 

しかしflex2にも改善点はあります。

もともと上位機種の廉価版なので、機能睡眠のグレード表示機能がない。

こういうレベルの、「睡眠ステージ」まで計測・記録・表示できないのです。

これはもう少し価格帯の高い「(私にはじゃまだなだけの)時計表示付き」の商品しか対応していません。ハードはさておき、ソフトに差をつける意味がわかりませんが。

なにかハード上の制約から、軽くせざるを得ないのなら納得できますが、単にマーケティング戦略として、「安いものにはソフトの機能もダウングレードしておこう」なんていうさもしい根性ならちょっと考えなきゃならんですね。

 

flex2レベルの無装着感と、「時計表示のない」「おしゃれなバングルタイプ」があればセレブにバカ売れ!?

特にバングルタイプについては、セレブをはじめとするお金持ちの方々が、自分の社会的ステージ誇示のために、時計を使わないのはあまり考えられません。

というのも、彼らは富とセンスの象徴として腕時計を用います。レッドカーペットの時などにドレスとマッチさせた腕時計をおしゃれにつけているセレブを見かけます。

プラス、それと同じ腕か、反対側の腕には、高級ブレスレッドまたはバングルなどのアクセサリーをするわけです。

そこで、超ド級の高級バングルを開発して少ロット販売し、セレブにアンバサダーになってもらい、販売。貴金属を豊富に使用してキラキラした夢のようなウェアラブルデバイス。

その下位デザイン同じで、素材のコストを大幅に下げたバージョンを一般販売する。

5-7万円くらい。

こんな感じでセレブを巻き込んで世界中に売り出せば、アップルに対しては

せいぜい、時計を売っていればいかがでしょうか?

その「時計」は売れてますか?

私たちは『健康でファッショナブルな生活をご支援しています』

なんてことを余裕で言うことができるわけです。

 

とはいえ、スチール製はバングルは難しいんですかね。

本体接触面が撮りにくいとか。。。

でも、できたら世界的大ヒットだと思いますよ。少なくとも我が家は4人買いますので4個売れます。こんな狭いコミュニティで4個ということは、世界ち中だとなんこですか)」

 

素敵なシルバーのバングルタイプのものであれば、5万円以上でも即買うので、私個人としてはシルバーのシンプルで細身の男女共用のバングル型を一刻も早く開発してほしいです。

で本体は、ソフトウェアはどんどんアップデートしていけばいいんですから。

さすがに、内部のフィジカルな部品が陳腐化したら、側だけそのままで、本体を再度買い替えてもらえばいいじゃないですか。

この商品コミュニケーション戦略良くないですか?

無料でいいので、ブレストがあったら是非連絡ください。

 

待ってます。fitbit!!

 

 



Amazonプライム 30日間無料体験申し込みページ

海外ドラマバナー

 





 

 


Posted by yaozo