山下智久の英語力を見よ!!『THE HEAD』HULUで独占配信スタート!!

イギリス英語, ドラマ・映画, 芸術, 音楽

yaozoです。

緊急事態制限が解除になったとはいえ、まだまだ在宅勤務、「アフターコロナ」「withコロナ」などと言われる時期が続いております。

ということで、いきおい、このチャンスでネットストリーミングで見損なっていたものや、新作をガンガンみちゃいます。

 

ついに登場!山下智久!出演『THE HEAD』

さて、HULUが地上波でCM打ってまで力を入れている新作『THE HEAD』がスタートしました。

エピソード1が、2020年6月12日金曜日22:00全世界一斉公開。HULUオリジナル作品です。

↓これが公式のティザー映像。

※「ティザー」なんて広告業界の専門用語ですけど、普通に使っちゃってますね。こうやって業界用語が一般化していく、ということですね。ちなみに、ティザーは ”tease(じらす)”から派生した名詞で、”teaser(じらずこと・人)” の意味です。一般的に”tease”で想起されるのは、”striptease(ストリップショー)”で、ダンサーが、客を「じらしながら」一枚づつ衣類を脱いでいく、ということです。ともあれ、その”tease”から、広告業界で、商材を少しづつ開陳していく、シリーズ広告を「ティザー広告」と呼ぶことになりました。

そこから映画、コンテンツ業界がもらって、この種のコンテンツをティザー映像などというようになったのだと思います。

この作品は、アメリカの人気ケーブルテレビ局HBO(『ゲーム・オブ・スローン』他ヒット作品多数)と、「HULU JAPAN」の共同制作というふうにクレジットされています。

なので、HULU JAPANのサブスク強化策として、山下智久さんがいい役で出ている点もうなづけますし、今もっと勢いのある製作集団ともいるHBOを起用したのも正解だと思います。

HULUなので、やはり日テレで番宣やってますね。これ1年も前の放送です。

スッキリのコメンテーターのキャンベルさんも、「(山下さんの英語は)監督(スペイン人のホルヘ・ドラド氏)の英語より上手。とても聴き取りやすい。このままがいい」とほめちぎってます。

エンディングテーマも山下智久さんが歌っています。

今度は同じ日テレのスッキリでの番宣。これは2020年6月、公開直前。エンディングテーマにフォーカスしたロール。

実際、私も第一話を見て、最後にエンディングテーマが流れてきたとき、ややクセがあるので、もしかしたら、と思いましたが、途中から日本語で歌い始め、エンドロールで、「Nights Cloud」が山下さんを含む、複数で製作しているとクレジットされていました。

 



 

先日、渋谷に出かけたときに、駅前のOOH広告では、全面広告を打ってました。

なんやら政治団体の方が演説していて、台無しな感じでしたが。

これ、広告代理店の方、抗議した方がいいんじゃないですかね。

 

山下さんの英語力はいかに??→すごいレベル

南極越冬隊員の一人である日本人スタッフ「AKI」を演じます。

ほかのキャストにインタビューしているシーンに、キャストから呼び込まれて、一緒に入り、自身の意見を述べる山下さん。

英語の発音はネイティブレベルではないものの、恋人役のキャサリンさんについて聞かれた彼の英語は、文法的破綻もなく、声も低く実に落ち着いており、日本語を話すときと同じように自然に話しています。

私などもそうなのですが、どうしても英語で話す際には、ついついタラタラしゃべるといやがられるかもなどと思い、早口になったり、高い声になったりするパターンが多いように思います。

おそらく、人間としての自信のようなものが、若くしてこの落ち着きを与えているのではないでしょうか。

ジャニーズに詳しい中2の娘に聞いたところ、彼は番組かなんかの企画で、アメリカを数か月、一人で横断したやに聞いています。そこで随分英語が鍛えられたんじゃないでしょうか。

セリフの英語がそこそこ上手なのは、ワタナベケンさんなどもそうでしょうが、英語のトレーナーがついているから、当然だと思いますが、実際のインタビューやキャスト同志との会話などで、ここまでナチュラルな英語を話せるのは、なかなか珍しいと思います。

「まるで家族みたいですよね。終わったとき泣いちゃうかもしれませんよ」と言う山下さんに、周りのキャストも「私も、僕も」とうなずいています。

 

HULU公式用に、英語で1問1答をやってます。

実にナチュラル。声も低く、鼻にかかっていて、英語の発音に向いてますね。聞きやすい。

 

次は、私が言語操作に関して強く信頼しているミュージシャンであるジョー・イノウエさんの山下さんの英語力評価です。

ジョーさんは、芸能人や東京都知事なんかも含め、いろんな日本人の英語を分析してくれています。各者の日本語が上手・下手という話をしているわけではなく、こういう点が良い、こういうところで損している。イギリス語とアメリカ語がやや混じっている。なぜ混じっているかというとこういるところです、といった英語力強化のためになる話をたくさんしてくれます。

今回の山下さんの英語についても、「実にどっしり構えている」「伝えようという気持ちが強い」「過去動画と比べると上手になっている」などと、もちろんちゃんと分析してくれています。

 

キャストは、我々には目新しい方がほとんど

↑は、アルバロ・モルテさんとの対話動画。随分親しげに話してます。

お互いが事前に用意しされた質問を、お互いに質問して回答しあうという形式をとっています。

ここでも、山下さんの英語力のナチュラルさが光ってますね。

モルテさんも英語ネイティブではないので、どっちもどっち、山下さんの方が癖が弱い分、ネイティブからは聞きやすい、可能性があります。

コンテンツは、ほとんどがスペイン・テネリフェ島で撮影されたとのことで、山下さんも、「ずっと住みたいくらいです」なんて言ってます。スペイン領土とはいえ、ほぼアフリカ大陸の西岸に接している島なので、気候は温暖そうですね。

その他、アイスランドでも撮影されているようです。

 

恋人役のキャサリン・オドネリー

山下さん演じるAKIの恋人役マギーは、キャサリン・オドネリーという女優です。ネットで検索してもこの『THE HEAD』関連以外では、なかなかヒットしません。

 

 

出演作品も、この『THE HEAD』が一番大きい役だと言っていいような感じです。

 

出演者のみなさんとインスタ。

やはり山下さんの隣ですね。全員いい雰囲気。

あらすじ~これから

↓がHULU公式のYouTubeチャンネルでのあらすじです。現段階で5本ありました。

これで、大体の雰囲気はつかめると思います。スリリングで、次が見たくなる構成。

残念ながら、毎週金曜日22:00に1エピソードづつ公開という形式なので、ビンジウォッチングできません。

この長い間を使って、HULUのサブスク数をブーストしようという戦略なのでしょう。

私のように、すでに何年もHULU JAPANに入会して毎月お金を払ってきた身としては、ビンジウォッチングしたいと思わせられる、素晴らしい出来です。

使いまわしカットもいくつかありますが、全部面白い。

原稿書いているこの段階では、まだエピソード2までしか見れていませんので、ワクワクしますね。

早く続きがみたい。

よくよく調べてみると、この山下さん、英語教育雑誌ではすでに随分前から大活躍のようですね。

「山下智久 英語」で検索すると、「英語がうまい日本人」的企画で、男性人で堂々の1位とかフツウな感じのようです。

知らなかったとはいえ、あらためて、こうやって調べてみると、よほど真剣に努力してきた様子が伝わってきます。

今後エピソード3見た土曜日あたりに、根詰めて調べてみようかな。

 



ではまた。

Amazonプライム 30日間無料体験申し込みページ

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギターから電子ピアノ、管楽器、民族楽器まで品揃え豊富!



日テレドラマ

【a】Uber Eats フード注文










Posted by yaozo