息子は『鬼滅の刃』にはまり、ついに柄を巻き始めてるの巻

芸術, 英語学習

Yaozoです。

世はコロナでひきこもり生活。出歩いちゃだめですね。

で位置に中家にいる息子は『鬼滅の刃』にはまってます。

のマンガは、『週刊少年ジャンプ』の大人気コンテンツらしく(私は、少年漫画誌はまったく読んでこなかったので、当然今も興味がない)、大ハイプ期にあるようですね。

前回の投稿に書いたように、英単語18語覚えるたびに、コミックスを1巻買ってあげてます。

ベーシックなひと月のお小遣いが、コミックス1巻買えないほど超低いので、これは息子にとっては大チャンスなわけです。

で、できたらパパが仕事帰り、(今は在宅勤務なので、Amazonプライムさまさまに依頼)買ってあげるわけです。

ただ、「次は、17巻買って」と思ったら「次は10巻買ってきて」などと言われます。連続性がないんですかね。ほんとに大丈夫なんかね。

『鬼滅の刃』について全く知らないのですが、リクエストされる巻が、飛び飛びの番手なので、不思議に思い、先日一緒にお風呂に入っているときにゆっくり確認してみました。

すると、なにやら、以前からはまってるベイブレードの動画を見てたら、『鬼滅の刃』とのコラボバージョンが出てきたと。何だろうと思ってみてたと。

で、Huluでアニメを見ようと思って、いつものようにFireでHuluを出したら、この『鬼滅の刃』が出てきたと。

 

海外ドラマバナー

 

以前から気になっていたので、見てみたら、一気にはまったらしいです。

で、漫画原作の7巻の途中までがHuluで見れて、そこから8巻が今映画になってると。

ということで、まず頼まれたのが、8巻。そして、マンガ自体の最新刊が19巻なので、次が19巻。

あとは、ネットで仕入れた情報をもとに、次によ見たい巻を決めてリクエストしていたらしいです。

アニメをコンプして、そこそこわかっていれば、あとはどの巻を読んでも一話完結的に楽しめるから大丈夫なんだと。

なるほど。

とにかく、なんにでもはまりやすくコレクションしたがるところが、私そっくりなので、面はゆいのですが、とにかくいまは『鬼滅の刃』一色。

昨日なんかは、まだ春休みなので、ちょっとだけお勉強した後は、マイクラ用ノートPCにかじりついて、なにやら朝から晩までYouTubeを見ているんで、なんだと思ったら、「刀の柄の巻き方」の動画を見入っており、棒状のものをもってきて、それに平たい紐のようなものを巻き付けて、刀の柄(専門サイトでは、「刀身を握るための部分」などと解説されています)の巻き方を練習しています。すごい。

 

一所懸命に、すべすべの棒状のものに、すべりやすい布を巻き付けて、「うまくいかないなぁ」などと嘆いていたので、「あ!そうだ」と、私が隠し持っていた木刀(妻には護身用だと言っておきましたが、玄関の靴棚の奥にしまったままでした。10年ぶりくらいに日の目を見た木刀)を渡してあげました。

大体、剣道も居合道も合気道もやらない私がなぜ、木刀を持っているのか、というのも不思議な話ですが、これは、妻と結婚して一緒に住み始めた時に、「暴漢対策に」などと称して、近くの武具屋さん(ちょうどあるんだこれが)で、しれっと買ってきたものです。

最初は、寝室に置いてあったのですが、やはり掃除のときなんかに邪魔なんでしょう、玄関の靴箱の奥にしまわれていました。

私も、どこにしまわれていたのか、知らなかった(または忘れていた)。

ともあれ、これを渡すと息子は大興奮、10分もしないうちに、私のもとに現れ、「できた!」といって見せたのが、この木刀の柄。

新小学4年生が、1日、2日、何時間かYouTube見ながら作ったにしちゃ、そこそこすごい。

全身がこれ。

 

遠目には、それらしく見えるから不思議。

こうなりゃ、ちゃんとした布を買ってあげたくなったなぁ、なんていってたら、「Amazonで布売ってるんだよ」だって、すでにリサーチ済みだ。恐ろしい。こりゃ、早晩、布を買わされそうだ。

で、次々と新しい巻き方に挑戦してます。

よく見ないと分かりませんが、ひと巻きづつ巻き方を交互に変えてます。

う~む、ほんとに柄糸買ってあげたい。

それほどべらぼうに高いわけでもない。パパのお小遣いで買ってあげたいくらい。


ディアレザー(鹿の革)なんてのもカッコイイ。コメント欄読んでると、やはり、「刀の柄を巻くために買いました」的なものが多い。


紐ってのは、なぜか心くすぐられますね。日本人だからDNAにどっしりと埋め込まれているのかもしれませんね。

じゃあ、「夏休みの自由研究で作って出そうよ」と言ってみたところ(いいアイデアだとおもんですけど)、「それじゃ、なん習慣か手元から離れるから寂しいじゃん」と言われ、すぐに却下。あっそう。

でも、「2本あるならいいけどね~」などと満面の笑みを浮かべて近づいてくるので、逃げました。

家ん中に、木刀2本もいらんでしょう。

柄だけでも、何て食い下がられましたが、「柄」って。

なんとはなしに、Amazonで「刀 柄」などと検索してみると、マジで出てきました。

これは、トラック野郎的な方々が、シフトノブ(車のギアチェンジのための棒のことを言うんですね、運転しないから知らんかった)をカスタマイズするように、売っているようです。
これを買って、巻きをばらして、自分の好きなように巻くっていう手がありますね。
うちの息子の場合は、刀身の方は特に興味がないんですから。
約15cmというんですから、長からず、短からずで丁度よさそうでけどね。うまくばらせますかね。。。。。
あ、もうこれはこれで決まりかも。OKになったら、この投稿アップデートします。ま、彼が飽きなければの話ですが。


それと、なぜか今頃突然のヨーヨーブームが並走中なんです。

なぜか急にハイパーヨーヨー・ブーム到来

マインクラフトをやりたいということで買ってあげたPCで、YouTube動画を見あさっているうちに、どうやらその道では最も有名なショップらしい「Rewind」の動画に出会ったんでしょうか。

一所懸命みながら、そこらへんにあった百均のヨーヨーで練習してました。

しかしそれでは限界があるということで、なんじゃかんじゃで訴えられ(こういうときの説得が、しつこくてあきらめず、断られても徹底的にお願いしてくる姿勢がすごい。将来安泰だ)、結局、自分のお小遣いもいくらか出すとか、姉にも貸すとかいろんな条件を付けて、この↓ハイパーヨーヨーを買ってあげました。

このone starに決めるまで、色々と迷ってましたが。これでよかってみたいです。
で、↓みたいな技を練習するわけですね。

何日かすると、「アラウンドザワールド」などという、ヨーヨーをぶん回す技を身につけ、私に見せつけます。私はできません。

 

なので、英単語をがんばると、『鬼滅の刃』コミック1冊買ってもらえるので、まだまだ虫食い状態ですので、あと何10語も書き取りができるようになるわけです。

思春期真っただ中の姉は『いいわね、あんたは。なんでもそうやって欲しいもんがもらえる、って言われたら素直に頑張れるんだから。私なんて、そんなこと言われても、全く勉強する気になんないわ』などと、クレームなのか褒めてんのかなんなのかわからない一言。なんじゃそら。

ということで、息子も新4年生なので、スタディサプリデビューができます。

スタディサプリ中学講座

Amazonプライム 30日間無料体験申し込みページ

海外ドラマバナー

 






Posted by yaozo